MacとiPhoneとiPad

MacとiPhoneとiPad

2016/5/4現在の使用環境: Macbook Pro1台、iPhone1台(ゲーム用に古いiPhoneをサブでもう1台)、iPad mini1台。

iPadへの統合やiPhoneとMacbook Proの2台体制にすべく努力してみました。 しかし、結局のところMacbook Pro, iPhone, iPad1台ずつで運用する形に落ち着いてきています。

いかにもな悩みその1: iPad+Bluetoothキーボードがあれば、ノートPCの代わりになるのではないか?

結論を言うと、残念ながらいまひとつ快適性が落ちてしまいます。 マウスやタッチパッドがないので、どうしても細かな操作にストレスを感じます。 イメージとしては、シングルウィンドウ作業だけに特化できるならiPadでも運用できそうですが、例えばブラウザとメールとフォルダ閲覧を交互に操作するような場合はiPadのSplitViewを使ってもまだ快適性に難を感じます。 ただし、Bluetoothキーボードは1台持っていると、いざという時に非常に便利です。 キーボードを使うことで、ソフトウェアキーボード入力ダイアログ(?)を表示せずに文字入力ができますので、iPadならでは大画面を快適に活用することができます。 ちなみにBluetoothキーボードを使う場合は、Apple社純正のキーボードをお勧めします。 Logicool社のキーボードなども打感が好きで使っていますが、Apple製品専用のショートカットなどが使えない場合もあるので、使い込みたい時に物足りなさが出てきます。

いかにもな悩みその2: リモートデスクトップを使えば、iPad+Bluetoothキーボードで運用できるのではないか?

ノートパソコンで直接編集作業をするのと比べて、リモートデスクトップはレスポンス(画面の応答速度)が落ちてしまい、若干のコマ落ち(処理遅延)を感じてしまい、小さなストレスが重なります。

ただし、リモートデスクトップは用意しておくといざという時にとても便利です。

自宅のPCにファイルを忘れてしまっていた時にリモートデスクトップ&ファイル共有サービス(Dropboxなど)を使うことで、遠くの出先からも自宅のファイルを使うことができます。

いかにもな悩みその3: iPadでiPhoneの代わりにならないか?

同じアプリが動作するので、これはかなりの部分を代替えできます。

ただし、代替えが効かないのはiPhoneは片手でいつでも操作できること。Kindleなどの読み物を見る時にはiPhoneだとさすがに狭く感じることもあるので、iPad miniが1台あると快適であることが挙げられます。

いかにもな悩みその4:iPad Pro 9.7インチ

とても使ってみたいのですが、今のMac/iPhone/iPad miniのいずれかを1つにまとめられるほどのメリットはまだ見つけられていません。

コメントを残す