ブログシステム:WordPressのプラグイン選びで苦労する

当サイトに使用して役立っている、WordPress鉄板プラグイン

どのサイトでもよく使うであろう、プラグインを5つピックアップしました。
当サイトでも現在使用中です。
慣れるといろいろと機能を追加したくなりますが、WordPressを深く使いこなすことが目的ではないので、これくらいでしばらく運用してみようと思います。

アクセス解析に使用:Google Analytics by Yoast

>> Google Analytics by Yoast

Google Analytics を使用してWebサイトのアクセス解析をするためには、事前にWebサイトにビーコン(アクセス記録機能)を埋め込みます。
これを簡単に設定してくれるツールがGoogle Analytics by Yoastです。

いきなり偏った私見から始まり恐縮ですが、プラグイン紹介サイトの絵が正直苦手な部類です。
・・・が、評判が良く、試しに使ってみたら設定は非常に簡単で良くできていました。Google Analyticsのアカウントができていれば、かなり簡単にアクセス解析の設置が可能です。

特に良いと思ったのは、アカウントプロパティ(Google Analyticsの設定先)設定先を簡単に変更できる点です。HTMLコードの編集をすれば良いのですが、あまりコードを何回も修正したくなかったので、プラグインで完結できる点は非常に良いと思いました。

ちなみに、専門業界では今後Google Analyticsでアクセス解析をする際には、Google タグマネージャも活用すべきとのこと。下記の書籍を使いながら更新中です。

記事の最後に、関係の近い記事を紹介していくれる:WordPress Related Posts

>>WordPress Related Posts

Webサイトのコンテンツをより多く閲覧してもらったり、目的のページへ誘導するために、記事の最後に関係の近い記事へのリンクを貼ることがあります。
これを自動的に生成してくれるツールがWordPress Related Postsです。

高度な管理ノウハウを持ちながら目的のページへ誘導したいなら、アクセスログ分析の結果を活用して自身でリンクをチューニングした方が精度を上げやすそうですが、(それほどたくさんの時間も取れなさそうだし)私のように個人的に運用するくらいであればこのツールで必要十分と判断しました。

このサイトでは「合わせて読みたい」とサブタイトルをつけて、5つの記事へリンクしています。できるだけシンプルなサイトにしたかったので、パソコンのブラウザで見た時に2行も3行もリンクを並べたくなかったためです。

書籍などのAmazon紹介リンクを簡単生成:AmazonJS

>>AmazonJS

紹介したい書籍などのAmazon紹介リンクを、簡単に作成・記事挿入できるプラグインです。

このサイトは自分自身の備忘録としての「まとめ」を目的に製作しています。
特に参考にした書籍のうち、他の方にも役立ちそうなものはリンクとして追加することにしています。

ちなみに、最近はKindleで購入しています。
iPadにまとめておくことができ、いつでも閲覧できるのはとても快適です。

ちなみに「これは自分には役立ちそうにないし、人にも勧められないな・・」という書籍に出会うこともしばしば。Kindleから消せばいいのですが、ついつい消せずにいる次第。

Web広告:Google AdSense

>>Google AdSense

Google AdSenseのオフィシャルプラグインです。
Web広告の設置やメンテを、HTMLコードを編集することなく簡単に調整できるので便利に使っています。

AdSenseだけ、とかAnalyticsだけ・・・ならHTMLコードを少し頑張っても良いのですが、WordPress, Google AdSense, Analytics, タグマネージャ, Webマスターツール, ソーシャル関連などなど、サイトを作っていると「いじるもの」がどんどん増えていくようです。

「時は金なり」と考えて、簡単に運用できるものは簡単にやっていくことにしています。

コメントを残す