自分時間を充実させるための「幸せ」の研究成果も充実してきている

睡眠は最も重要な時間

お金と幸せの関係

  • 収入が2倍になれば幸福も2倍になる・・・とは限らない
  • ヨーロッパ32カ国の1万人以上のサンプル集団で、1日あたり30分以上テレビを見る人は、30分未満しかテレビを見ない人よりも、人生に対する満足感が低いことが明らかになりました。
  • 持っているお金を増やそうとするとき、ほとんどの人が自分の直感に頼るだけでは不十分と考えます。 〜途中省略〜 しかし、お金を使うこととなると、そのお金でどうしたら幸福になれるかを直感で決めて満足してしまうことが多いのです。
  • 人々が時間をお金と見なすようになると、日常生活のお金にならない楽しみから喜びを見出すのが難しくなってしまうのです。
  • 時間をお金と交換可能なリソースと見なすことは、経済学的見地からは賢明でも、幸福の観点では有害なのです。
  • もしもお金で買える幸福の量が、個人のお金の使い方によって決まるなら、国家レベルでも同じことがいえるのではないでしょうか?政府がお金の使い方を変えることによって、〜途中省略〜 なぜお金を幸福に変えるのがうまい国とそうでない国があるのかを説明できるかもしれません。

やりたいことがいっぱいあるときには、取捨選択が重要

 

コメントを残す