読書メモ: 橘玲著 – 臆病者のための億万長者入門

一言感想

稼がなければならないけど、ウマい話はどこにもないことを一緒に考えていける。

所管

著者が読者に勧める運用方法の記載もありますが、それよりも金融に関する基礎知識を学ぶための参考資料としてざっと読んでおくと良いと思いました。他にも金融や政治に関する良書はたくさんあります。しかし、本書のように数字の根拠もある程度盛り込まれたものの中では、かなり分かりやすく書かれていると思います。

著者自身もたくさんのフィードバックや相談の経験を経て、本書をまとめられたと感じました。その是非については私自身の金融に関する知識が低いせいで全く判断できませんが、勉強の意味で読んだ時には非常に参考になりました。

補足

  • 人的資本(お金を働かせるのではなく、自分で働いて稼ぐこと)についても取り上げています。また、人的資本と金融資本を比較した上で、安易に仕事を辞めないことを勧めている点が勉強になりました。
  • 生命保険や宝くじについて、「確率」の観点から記載されており、これも学ぶところが多々ありました。
  • 医療費、年金などについても過度に悲観的になったり恐れることのないように説明が書かれており、かつ、その上で今の時代で取るべき対策についても触れています。
  • 「安易に他人を信用するな」ということを盛り込んでいますが、そのために著者自身が勧める投資の方法などについての信頼性も判断する材料が今ひとつ足りない気がしました。これは自分自身の知識や経験がないことが原因なので、他の書籍や自分自身の試行錯誤を繰り返す中で、参考情報として活用したいと思います。

コメントを残す