【また聞き特集:家事11】 買い物や洗濯の時短について補足してみる

Photo by Caroline Attwood on Unsplash
Photo by Caroline Attwood on Unsplash Caroline Attwood

忙しい時に料理をすることは、とても面倒です。しかし、健康のためには自宅で料理をすることはとても大切ですね。それはなんと言っても、野菜などを多く取ることが出来るということ。

短い時間でたくさんの野菜を取る方法として、まずスーパーなどで買ってきた食材を冷蔵庫に入れる前にカットしてしまいます。全部カットしてしまうことに抵抗がある場合は、水の出にくい野菜(きのこ類、根菜類)だけでも切っておくとよいでしょう。

あらかじめ切ってあるカット野菜も人気ですね。
主に水溶性の栄養価が減少すると言われており、敬遠する人もまだいるようです。
最近チャレンジしていのは、このカット野菜を活用しつつ、「食感のある切りやすい食材(キュウリ、大根、ニンジンなど)だけを切ることにする」 という方法です。それも、千切りできるスライサーを使って、一気に切ってしまいます。
キャベツは炒め物用のざく切りでよければカタマリで購入、サラダなどに千切りで使う場合はカット野菜で購入します。
全部カット野菜でサラダを作るのとどれくらい差があるか・・・ただいま子どもたちの食べ具合を見て調査中です。

カット野菜ですみません、代わりに積極的にキッチンに向かっているので許してください。

コメントを残す